家族支援メンタルサポート協会〜家族を支援する力を身につけたいと願っている多くの皆様へ〜 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

協会だより

ホーム > コラム > 【6月号】集団嫌い

コラム

【6月号】集団嫌い

 私は幼い頃から集団で何かをするということが苦手で、集団というものが好きになれなかった。

けんかも良くしたが、集団でのけんかに参加したことはない。必ず一対一であった。

 ゆえに、ある時、上級生に集団でリンチまがいの暴行を受けた時には、その卑怯さを許すことができず、その中心人物の家に一人で押しかけ、その家人の見ている前で、一対一のけんかを要求した事がある。
集団での行動は、個人の責任を曖昧にしたり、不和雷同して行動がエスカレートするという危うさを内包している。

幼いなりに私には、その事がどうしても許せなかったのだ。

 

 私は、永いこと中学教師として、生活指導の前面に立ち、1970年代から1980年代にかけては、荒れる子どもたちの真っただ中にいた。

特に番長グループと呼ばれる猛者たちの対応には、随分と手を焼いた。

「自分から手を出すな!」

「他の学校同士の抗争に首を突っ込むな!」

「けんかをするなら一人でやれ!」

と、口をすっぱくして説いたが、番長が思慮が浅かったりするとそうはいかない。

隣接の地区との抗争に駆り出されて、調子に乗って先陣を切ったために、その後は事あるごとに駆り出されただけでなく、学校全体が報復活動に怯え続けなければならなくなったのだ。

そのストレスは、私の身体を蝕むことにもつながった。

 

 今、元気のあるうちにと思って、屋根裏に保管してあった、過去40年間の資料や記録を処分しているのだが、あの頃の嵐のような日々が、今の社会の動きとダブってしまって、懐かしさよりも、胸が苦しくなってしまった。

 

 安倍政権の、憲法解釈の変更による集団的自衛権行使を急ぐ姿を見ていると、政府の中心にいる人たちは、けんかをしたことも、殴られて血を流したこともないのではないかと思われてならない。

人に手を出して、自分だけは無傷ということはないのだ。

必ず、自分も反撃を受け、手ひどい痛みが伴うことを知る。

そんな体験があれば、その体験から学び、もっと思慮深くなるはずだからである。

 

 中東のサマワに、PKO活動で派遣された自衛隊員には、その後、20名もの自殺者が出たといわれている。今後は、それどころではない。

現地で死者が出るだけでなく、国内にミサイルが撃ち込まれることも覚悟しなければならない。

実際、イラク戦争に参加したスペインでは、10か所で起きた爆破テロにより191人が亡くなったという。

原発を抱える日本にとって絶対負ってはならないリスクだ。

 

 安倍さんも石破さんも、自分たちは絶対安全な場所にいられて、ただボタンを押せばいいだけの戦争ゲームに参加するような感覚でいるのではないだろうか。

余りにも幼く、驚くほどの軽さである。

とてもこの人たちに生命を預ける訳にはいかない。

安倍さん、石破さんが、あの頃の番長たちの姿に重なって、危なっかしくって仕方がない。

 

集団という言葉には、うさん臭さが付きまとう。

私は、集団という言葉がますます嫌いになった。




  • Posted by 2014年06月30日 (月) | コメントコメント(0

この記事へのコメント

コメントコメント投稿

お名前:
メール:
URL:
コメント:
 

※コメントは承認制のため、投稿をしてもすぐには反映されない場合があります。ご了承ください。

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。


ST(スペシャルタレント)気質

森薫の書籍コーナー

良くある質問

応援メッセージの紹介

講演依頼について

カウンセリングの受付について

お問い合わせ

TELTEL042-306-0807
FAXFAX042-306-0807

一般社団法人家族支援メンタルサポート協会
担当:青木 博

住所:東京都東村山市多摩湖町3-4-13

詳細はこちら