家族支援メンタルサポート協会〜家族を支援する力を身につけたいと願っている多くの皆様へ〜 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

協会だより

ホーム > コラム > 【9月号】親父のつぶやき

コラム

【9月号】親父のつぶやき

「このごろ、中学二年になる長男との関係がうまくいかないんですよ。小学五年の次男の方は、まだかわいいんですけどねぇ・・・」

「トラブッているんですか?」

「いえ、大きなトラブルはないんですけど、どうしてもかわいいと思えなくて・・・」

「いつ頃から?」

「もう小さな頃からですかねぇ」

この相談の主は、40代前半のサラリーマンである。仕事もできるし、人づき合いもよい。

会社でも将来を期待されている人材である。

しかし、この頃ずっと、もやもやが晴れないという。

我が子を愛せないことで、自分を責め、家に帰ることが苦痛になってきたのだそうだ。

このような父親は多い。

長男と父親は、基本的に母親という一人の女性を奪い合うライバルである。この親子の心理的葛藤を、フロイトはエディプスコンプレックスと名づけている。

聞いてみると、妻となる女性と付き合い始めてすぐに、妊娠がわかり、人並みなデートの時間など殆どなかったという。

しかし、子どもが生まれたら、彼女も又以前のように自分の元に戻ってくれると、心待ちにしていたのだが、子どもが生まれてからは、全て子どもが最優先になり、もうベタベタする機会など与えられはしなかったのである。

この時から、我が子に対して、自分から愛する女性を奪い去った存在として、受け入れがたい感情が芽生えたとしてもおかしくはない。

彼は、人には言えないその感情を封印して、家族のために単身赴任の不自由な生活を耐えてきたのである。

単身赴任先から帰宅するたびに、息子は反抗の度合を強め、母子カプセルは強化されていく。

彼のストレスは蓄積されるばかりであった。

そして、一カ月ほど前に、単身赴任先から帰ると、妻は長男の部活動の応援のために、家にはいなかった。彼は我慢できずに、今まで溜まっていた思いを妻にぶつけたのだ。

「お前、俺とあいつとどっちが大事なんだ!」

「そりゃあ、あの子が大事よ!」

「俺は、この頃、あいつがむかついて、ぶん殴ろうと思うんだけど・・・」

「そんなことしたら、私はあの子と出て行く!」

自分があの時、避妊をしなかったのが、一番悪かったんだと、自分を責めながらも、新婚時代を長男のせいで奪われてしまったという思いが、どうしても消せないのだ。

「長男には、何にも責任がないことだというのは、百も承知なんですがね。女房に、この切ない思いをわかってほしいと思うのは甘えでしょうか」

「いえいえ、無理していい親父を演じるよりも、あるがままの思いを言葉にすることは大切です。言葉にして発しなければ、心の内は伝わりません。男はいくつになっても、誰よりも妻に愛されたい!誰よりも妻にほめられたい!誰よりも妻に必要とされたい!誰よりも妻の役に立ちたい!と思っているものですよ。これからも、恐れずにあなたの心情を奥さんにさらけ出して下さい。
今日、あなたの話を聞けて、本当によかった。あなたは私にうり二つでしたから」




  • Posted by 2013年09月23日 (月) | コメントコメント(0

この記事へのコメント

コメントコメント投稿

お名前:
メール:
URL:
コメント:
 

※コメントは承認制のため、投稿をしてもすぐには反映されない場合があります。ご了承ください。

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。


ST(スペシャルタレント)気質

森薫の書籍コーナー

良くある質問

応援メッセージの紹介

講演依頼について

カウンセリングの受付について

お問い合わせ

TELTEL042-306-0807
FAXFAX042-306-0807

一般社団法人家族支援メンタルサポート協会
担当:青木 博

住所:東京都東村山市多摩湖町3-4-13

詳細はこちら