家族支援メンタルサポート協会〜家族を支援する力を身につけたいと願っている多くの皆様へ〜 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

協会だより

ホーム > コラム > 【3月号】核災

コラム

【3月号】核災

 3年前の311日以降、政府やマスコミの発する言葉に、物書きの一人として大きな違和感を感じてきた。

 

最大のものが、原発事故と言う言葉である。

事故という言葉は、変わった出来事、さしさわりなどを意味し、限局された一時的なできごとを示す時に使われる。

 

今回のように、大規模で広範囲、そして、100年も続くようなできごとは、事故という言葉で片付けることなど、到底できることではないのだ。

ましてや、事象などと言う他人事のような言葉は、原子力村の人々の悪意以外の何ものでもない。

 

 3年たっても、多くの人々が故郷を奪われ、そのストレスから、生命を奪われているのを見聞きするにつれ、原発再稼働を急ごうとする人々への怒りを募らせていた折に、自分の想いにピタッとはまる言葉に出会った。

 

 それは、福島県相場市在住の詩人、若松丈太郎氏が、詩に書き続けておられる“核災”という言葉である。

福島第一原発で起きたことは、おごりたかぶった人間が生み出した人災であり、まさしく、核による災害だと言えよう。

私も今後は、核災という言葉を使わせてもらうことにした。

 

 高濃度の放射能に汚染された土が、ビニール袋に入れられて、至るところに野積みされたままになっており、木の芽がビニール袋を突き破って、放射能が漏れだしている。

原発の高濃度汚染水が、あちこちで漏れ出し、原発そのもののトラブルも相次いでいる。
又、福島の子どもたちに甲状せんがんも増え始め、精神的な後遺症も広がり始めている。
核災は今も現在進行形なのだ。

 

 核災を二度と引き起こさないために、原発の再稼働はあってはならない。

今、十分に電力は足りているではないか。しかし、原発を動かそうとする人たちには、どうも、もう一つの隠されたねらいがあるようだ。

 

原発がないと、プルトニウムを保有し続ける根拠がなくなるからだ。

プルトニウムこそが核兵器の原材料である。

核武装を夢見る好戦論者たちにとって、プルトニウムは死守すべき宝物である。

そのためには、どんな反対があろうと原発は再稼働させなければならないのだ。

原発は、核武装の為の、隠れみのであると言えようか。

 

自民党幹事長の石破茂氏は、「核の潜在抑止力を維持するためには、原発をやめるべきではない」とその本音を述べている。

 我が国が核武装しないためには、プルトニウムを捨て去ることだ。

その為には、原発ゼロが必要だ。

それは、とりもなおさず、将来にわたって、核兵器の保有をしないということを世界に宣言するに等しいのだ。

 

 唯一の被爆国として、原発は不要である。むろん核兵器もいらない。

何があっても二度と戦争はしないという、誇り高き理想を掲げた国づくりこそが、我が国にはよく似合う。

それこそが子孫への最大の贈り物である。 




  • Posted by 2014年03月31日 (月) | コメントコメント(0

この記事へのコメント

コメントコメント投稿

お名前:
メール:
URL:
コメント:
 

※コメントは承認制のため、投稿をしてもすぐには反映されない場合があります。ご了承ください。

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。


ST(スペシャルタレント)気質

森薫の書籍コーナー

良くある質問

応援メッセージの紹介

講演依頼について

カウンセリングの受付について

お問い合わせ

TELTEL042-306-0807
FAXFAX042-306-0807

一般社団法人家族支援メンタルサポート協会
担当:青木 博

住所:東京都東村山市多摩湖町3-4-13

詳細はこちら